カテゴリー別アーカイブ: 製品紹介

学校訪問:反転授業を早稲田大学で実践

Camtasia を使って反転授業を行っている学校を訪問して、Camtasiaの活用方法などをお伺いし、紹介していきます。

今回は、早稲田大学人間科学学術院教授博士(教育学) 向後千春(こうごちはる)教授にインタビューいたしました。(2018年10月)

2014-12-12_13-32-15

bjs: 先生は、日本語教師研修「反転授業入門」事前講義ビデオ(注)の中で、CamtasiaStidioを使用して動画をつくることを 紹介して頂いていますが、どのような経緯で、このビデオをお作りになりましたか?

向後教授:   私は、ブレンド学習、反転授業というテーマでの講演依頼が数多くあって、そうすると この学習方法は、オンデマンドで予習をして、教室ではグループワークという組み合わせという説明になるんです。 一通り説明を終えると、オンデマンドは何で作っているのかという質問が必ず出てくるので、Camtasia、 TechSmithと言って宣伝しているんですよ。誰も知らないけど(笑) アメリカではほとんどの学校の先生がCamtasiaを使ってるんでしょ、そういう話は聞いていますけど。 みんなに毎回聞かれるのでビデオを作りました。

bjs:  先生は最初どこでCamtasiaをお知りになったのでしょうか?

向後教授:   確か前は違う名前だったんでしょ。しかもMac版しかなかった。 私はずっと昔からMacを使っていて、個人で撮れてMpeg4で編集ができるMacのソフトを探していて、見つけて、 それ以来使っています。もう10年くらいかな。 当時Mac版は7,000円くらいで、安いし、買うのに大きな決心が必要なかったです。

bjs : Camtasiaの前はどうされていたのでしょう?

向後教授:   2003年から人間科学部、通信教育課程のe-スクールをやっています。これは124単位全部を オンデマンドビデオの受講とbpsの討論、テスト、レポートなどで取れる講座です。 全ての授業をオンデマンドにするために、キャンパスには2つのスタジオがあるし、教室収録では専任の カメラスタッフで撮影をやってきました。 スタジオ撮影というのはけっこう億劫で、ひとりでカメラマンに向かって話すというと硬くなります。 なので数年前から自分の研究室でCamtasiaで収録するようになりました。

bjs : ブレンド型(反転授業)はいかかでしょうか?

向後教授:  私の専門はe-ラーニングです。 e-ラーニングだけだとドロップアウトが多く、 e-ラーニングと対面型を合わせればモチベーションも上がってよいという考え方は前からありました。 e-スクールでの教材を通学の学生にも使おうとして、今のブレンド型授業につながっています。 利点は、私はレクチャーをする必要がなく、教室に入ったらすぐに本題に入れる、すぐにグループを作って グループワークができる。学生は今日やることの基礎知識が既にある、ということです。 ビデオの中には、クイズとかミニ課題を入れておくと、みんな観ますね。採点されてると思いますから(笑)

bjs:  Camtasiaでの動画はどのように作られていますか?

向後教授:  30分くらいのビデオを収録したら、簡単な編集でYoutubeにUPします。 LMSにもアップしますが、Youtubeは学生さんが電車で見れるからです。 トランジッションを入れるだけで、そのままほぼ編集しません。 トラックには、スライドと自分の顔をいれて、最小限の機能しか使っていませんが、それで十分です。 ひとりで気楽にしゃべれるので、とても気に入っています。

bjs:  生徒さんの反響はいかがですか?

生徒さん:  スライドと声の説明が同時にあるのでとてもわかりやすいです。 画像も鮮明なのでノートもとりやすいし、音もクリアです。 教室は字が不鮮明だったり、声にノイズが入ったりすることもあります。

bjs:  忙しい先生、ビデオを作ることが大変だと躊躇している先生に対してどのようにアプローチしていけばよいでしょうか?

向後教授:  多くの先生は放送大学のようなものを想像してしまうので、ハードルが高い。 私も最初のうちは試行錯誤でした。プロの作ったビデオではなく、ふつうに話しかけるというアプローチにしたら かなりハードルは下がると思う。 また先生へのメリットがあります。 ひとつは、同じことをしゃべらなくていい。1回のビデオで、3年は使える。 そして、後でテープ起こしをしてもらうと、それがテキストになりますから、 先生にとっては財産になり、上手くいけば本として出版できます。 また、1回使ったものはYouTubeにアップすれば社会的貢献にもなります。 まずは気軽な感じで、授業の予告編に使ったら良いと思います。 そうすると授業の前に生徒の頭ができているし、どの教科でも使えると思います。

bjs : 今後どのようなビデオを考えていますか?

向後教授 : ソフトの操作コンテンツ、excelの操作を説明するような動画、マイクロコンテンツと言っていますが、 1分程度の短い動画を100本、200本を作りたい。 これはムークス(MOOCs)とは別の動きで、日本中の大学教員が作ったらいいと思う。 言葉だけではなく操作画面付きなので学生にもすぐわかるというのが良いですね。 そういう意味では、教員に限らず、みんなが作って、教えて教えられる社会になったらよいと思う。

bjs:  今日はいろいろとお話をいただき、どうもありがとうございました。

(注)向後教授の「反転授業入門」のビデオ

Snagit:21世紀の社内研修

150人から15,000人へ:21世紀の社内研修 Snagitが大活躍!

イギリスのVirgin Media(バージンメディア)社は、テレビ、インターネット、電話サービスを提供するメディア大手です。

バージンメディア社では、一年で150人の退職者が予定されており、しかし彼らは、ネットワークの使用方法、サーバーのオペレーション方法など様々な専門知識を保有していました。

彼らの専門知識を残す方法として、Snagitで画像や動画を録画することを決めました。

 Snagitの効果は大成功で、その後退職予定者の150人だけではなく、15,000人の全社員で画像と動画を作成して専門知識と経験を共有するようにしました。

動画は言葉にできない知識を、そのまま伝えることができます。

専門知識が、正確に効率よく社内に浸透することで、21世紀の新しい社内研修のプラットフォームが確立されました。

TechSmith Twitter より

Camtasia講座:リンクアカデミー様

Camtasia9をご購入して頂いたリンクアカデミー様で、Camtasiaの使い方のご案内を差し上げました。 Aviva様と資格スクール大栄様の両方のコンテンツを作成しておられるご担当様に参加頂きました。 以前からCamtasiaはお使い頂いておりましたが、今回の講習会で、新たな機能をご紹介させて頂きました。 今後の教育用コンテンツの作成にご活用いただければと思います。   講習会内容は 1.パワーポイントの録画 2.ExcelのSUM関数の動画による説明 3.クロマキー 4.Fuse   このビデオで使用したCamtasiaの機能 ・画面の切り替え(フェード) ・ズーム ・キャプション(日本語テキストの説明) ・吹き出し(赤枠の表示) ・キャプチャー in キャプチャー   今後もCamtasiaのマルチユーザライセンスをご購入されたお客様に対して、お客様のご要望に即した講座を開催していきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

カーン氏作成ビデオはCamtasia

「教材ビデオは、Camtasia、ペンタブレット、マイク。最低限のものだけで、 すぐに作れます」   カーンアカデミー サルマンカーン氏設立、カーンアカデミーは、「質の高い教育を、無料で、世界中のすべての人に提供する」というミッションのもと、世界中の教育の向上を目標とした非営利団体 です。 最新のWEBテクノロジーを駆使して、国境や経済格差を超えた学びの場を提供し、世界中で月間600万人の生徒が学ぶ世界最大級の教育プラットフォームです。 カーン氏が作成したビデオ教材は、Camtasia で作られています。 カーン氏は「教材ビデオは、Camtasia、ペンタブレット、マイクがあれば、すぐに作れます」EdTechReview  2014/6/6で話しています。

カーンモデル

ビデオ作成ソフトCamtasia (Techsmith社) 約$200

タブレットBamboo Pad (Wacom社) 約$200~$300

ペンSmoothDraw 3 フリーソフト

マイク:SamSung社 $200

 

カーンアカデミーではCamtasia を使用して、ビデオ教材を作成しています。

 ■反転授業(Flipped Classroom)とは 教室で受けていた授業の動画を、自宅でタブレット端末やパソコンを使って視聴し、家で学んでいた応用問題などは教室で取り組むスタイル。ICT(情報通信技術)の進歩で可能になりました。米国では2000年代から、オンラインの無料講座を活用する形で小中高に広がり、さらに大学で拡大しています。 現在学校で展開されている授業では「講義を受けること」が主流ですが、反転授業では「講義を受けること」は“宿題”となります。教師は説明型の講義を動画として用意し(授業ビデオ)、それを生徒が宿題として家庭などで閲覧しておきます。学校での授業時間は、生徒たちが予習で得た知識を応用して問題を解いたり、議論を行ったりします。 学校の授業時間内の講義時間を減らすことで、授業中は教師が生徒ひとりひとりに対して、よりきめ細かい対応をすることができます。また、生徒にとっても、自分のペースで学習に取り組める点もメリットだ。米国カリフォルニア州の公立小学校に勤めるハイフィル先生は、ビデオ授業の動画が何度でも巻き戻せたり、再生速度を調整できる点を評価しています。

朝日新聞2014/1/4に日本の教育について掲載されました。ここで紹介されているソフトはCamtasia Studioです。政府は2020年までに小中学校に「一人一台のタブレット端末」を実現することを目標に掲げています。
2014-12-17 14-35-35 先駆的なIT活用校である近畿大学附属高等学校で反転授業が行われています。
「反転授業」ジョナサン・バーグマン(著)、アーロン・サムズ(著)、山内祐平(監修)、大浦弘樹(監修)、上原裕美子(翻訳) P80 「自分でビデオを作る場合」の中で、Camtasiaが紹介されています。
「反転授業が変える教育の未来」芝池宗克(著)、中西洋介(著)、反転授業研究会(編集) P179 「どのようにして解説動画の録画をするのですか?」で、Camtasiaが紹介されています。
「世界はひとつの教室」サルマン・カーン(著)、三木俊哉(訳) P10 「2009年カーンアカデミーにあったのは、PC1台、スクリーンキャプチャソフト、ペンタブレット」 

Camtasia

作品の共有も簡単に行える、強力な編集機能を備えた動画キャプチャソフト 

Camtasiaを使用すれば、ビデオ作成が初めての方も素敵なビデオを作成できます。コンピューター画面を動画として録画するか、自分で撮影した映像を取り込みます。次に、Camtasiaのドラッグ & ドロップ操作によってビデオを手軽に作成して、誰とでも共有できます。目を引くアニメーション、音楽、キャプションを短時間に追加して、見る人の関心を向けておくことができます。Camtasiaなら、ビデオ編集のプロでなくても、素晴らしいビデオを制作できます。

動画編集はマルチトラックタイムライン方式に対応し、効率的に作業を進めることが可能。動画に適用できるイントロ、エンディング、タイトルクリップ(「メディアアセット」と呼ばれる)やビジュアルエフェクトなども豊富に用意されている。 

  • 「画面を録画」「メディアをインポート」「(動画の)制作と共有」の各機能を呼び出し、利用できる「Camtasia(Editor)」
  • 画面やカメラ映像を録画・保存する「Camtasia Recorder」
  • 画面録画を再生する「Camtasia Player」
「Camtasia Recorder」 
画面やカメラ映像を録画・保存する
2014-08-21 15-35-12 

 

画面キャプチャ時の操作は、一般的な画面キャプチャソフトと同様。取り込み領域としてフルスクリーンまたは画面内の一部矩形領域を指定し、「録画(rec)」ボタンを押すと、停止するまでの間の映像が動画としてキャプチャされる仕組み。 サウンドをキャプチャすることも可能。キャプチャ中にパソコンの操作によって再生されるサウンドを動画に含める/含めないをユーザが選択できる。ユーザが操作したことをわかりやすくするため、マウスクリック時の音を動画に含めたり、マウスポインタに◎印をつけて強調したりといったことも可能だ。 さらに、キャプチャの実行日時や録画開始からの秒数などを動画に埋め込んだり、マウスポインタの形状を編集で変更したりすることも可能。メイン画面からキャプチャ機能を起動した場合は、キャプチャが終了した時点で自動的に編集画面に戻り、すぐに編集を行える状態になる。 PowerPointプレゼンテーションは、再生画像をキャプチャするのではなく、直接動画ファイルにして、編集できるようにする。

 

「Camtasia(Editor)」

高度な編集機能

2014-08-21 15-18-24

 

動画編集機能は極めて強力。マルチトラック対応のタイムライン方式を採用し、動画クリップのカット編集のほか、数十種類もの画面切り替え効果(トランジション)なども利用できる。テキスト(テロップ)の挿入や画面回転、ドロップシャドウ、拡大・縮小といった(一般的な)効果を適用することも可能。画面操作をキャプチャした動画のほか、静止画や音声ファイル、カメラなどでキャプチャした動画などを組み合わせて編集できるようになっている。 エフェクトでは、画面内に吹き出しで説明文を付加したり、マウスカーソルを表示したり、矢印や四角形など図形を表示し、自由に動かしたりすることが可能。動画編集に便利な効果が数多く用意されている。

編集結果は、動画ファイルとして保存できるだけでなく、YouTubeなどに直接、アップロードすることも可能。ファイル保存時の形式はFlash(FLV)やHTML5向けのMP4のほか、WMV/MOV/AVI/M4V、アニメーションGIFから選択できる。画面解像度は、あらかじめテンプレートとして用意されているサイズは1280×800が最大だが、マニュアル設定なら最大2048×2048までの動画を作成できる。

次のページ >>画面の動画キャプチャから出力までの一連の流れを一本のソフトで行える

Camtasia:反転授業が変える教育の未来

「反転授業」とよばれる授業形態が注目を集めています。反転授業とは、授業と宿題の役割を「反転」させ、授業時間外にデジタル教材等により知識習得を行い、教室では知識確認や問題解決学習をする授業形態のことを指します。反転授業の導入により、学習時間が増え、教室内で知識を「使う」活動を促し、学習の進度を早めて学習効果を向上させることが期待されています。

反転授業の導入は米国の学校や大学が先行しています。日本においてもまだ事例数は限られるものの、いくつかの学校や大学で反転授業が導入されています。

ここでは、反転事業の取り組みについてご紹介します。

「反転授業が変える教育の未来」反転授業研究会(編集)、芝池宗克氏(著)、中西洋介氏(著)の中で、反転授業の動画には、既成の動画を利用する場合と自分で作る場合がありますが、自作の動画の方が教えている生徒のニーズに合いやすい、と著書の中で語っています。

Camtasia Studio は、思い通りのビデオがすぐに作れます。

近畿大付属高等学校 
全生徒がタブレットを購入。13年度から英語、数学、物理で反転授業を始めています。

日本経済新聞夕刊 2015年7月31日に反転授業の取り組みが紹介されました。

教育家庭新聞 2013年10月7日に反転授業の取り組みが紹介されました。 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2013/1007_5a1.html

 

信州大学教育学部 E-Learning News letter 2015年3月号 
「予習・復習・補講のためのe-Learning (eALPS)の活用」をテーマに、高等教育研究センター・ 教育学部FD 委員会と共催で、eALPS 事例発表会を教育学部で開催されました。島田英昭先生は、Camtasia Studio を使って、研究室で一発撮りで撮影して制作したe-Learning コンテンツを紹介されました。http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/e-L/download/201503_no17.pdf
P179で紹介されています
「反転授業が変える教育の未来」反転授業研究会(編集)、芝池宗克氏(著)、中西洋介氏(著)
「どのようにして解説動画の録画をするのですか?」p179で、CamtasiaStudioが動画作成ソフトとして紹介されています。また、反転授業の動画には、既成の動画を利用する場合と自分で作る場合がありますが、自作の動画の方が教えている生徒のニーズに合いやすい、と著書の中で語っています。
P80で紹介されています
「反転授業」ジョナサン・バーグマン(著)、アーロン・サムズ(著)、山内祐平(監修)、大浦弘樹(監修)、上原裕美子(翻訳) 
「自分でビデオを作る場合」p80で紹介されています。Camtasiaで動画を作成することが、反転授業に向かう一番簡単な方法だと語っています。
「世界はひとつの教室」
サルマン・カーン(著)、三木俊哉(訳)
P10 「2009年カーンアカデミーにあったのは、PC1台、スクリーンキャプチャソフト、ペンタブレット」

 

Camtasia:東京大学大学院 反転学習講座

東京大学大学院情報学環 様主催 FLIT 第3回公開研究会 「学習効果を高める反転授業のデザイン」が、2015年2月21日に開催されました。

 講演「学習効果を高めるICTの活用法-反転授業も含めた授業設計-」

 向後千春早稲田大学人間科学学術院教授講演の中で、ビデオの収録方法としてCamtasiaを紹介して頂いております。

2015-04-16 14-38-01

研究室のパソコンで制作できるようになってからは、自分の顔とスライドを組み合わせて収録し、TechSmith社の Camtasia(カムタジア) というソフトを用いて編集しています。
編集は簡単な切り貼り程度でほとんどが流し撮りです。言い間違いなども特に編集しません。
間違ってはならないというビデオ学習の固定概念を少し変えて、ラフに教材作成を行います。スライドにはマンガやイラスト、セリフなども入れます。
ビデオの長さは1セクション10分以内で7分程度がいいと思います。15分は長いですね。

詳しくはセミナーレポートのHP → 学習効果を高める反転授業のデザイン

Camtasia講座:文京学院大学

CamtasiaStudio8をご購入して頂いた文京学院大学様で、「動画作成講座 パワーポイント編」 を開催いたしました。 経営学部 絹川直良教授をはじめ、今後パワーポイントでの動画制作を予定されている先生方にお集まりいただきました。今後、講義の内容を動画にしたり、生徒が国際交流の為にビデオを制作したりしていきたいとのことでした。

2015-04-15 15-27-19     2015-04-15 14-05-26

 講座の内容は 1.パワーポイントの録画 2.  ピクチャー inピクチャーの編集 3.音声の編集 4.キャプションの挿入 2015-04-15 14-25-05 2015-04-15 14-10-48 2015-04-15 14-11-07 2015-04-15 14-11-27 今後もCamtasiaStudioのマルチユーザライセンスをご購入されたお客様に対して、お客様のご要望に即した講座を開催していきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Snagit活用:チャットワーク株式会社

チャットワーク株式会社様では、Snagitを使用して動画マニュアルを作成して頂いております。

SnagitでPC画面の推移をキャプチャーして、YouTubeにアップすれば、社員教育動画マニュアルとしてご活用できます。

 

2014-12-25 16-22-58
P154で紹介されています
チャットワーク株式会社代表取締役 山本敏行氏著書
「自分がいなくてもうまくいく仕組み」

「スナグイット(Snagit)で動画マニュアルを作る」p154で紹介されています。

 

チャットワーク株式会社

代表取締役 山本敏行氏
ChatWork株式会社は”ChatWork”というクラウド型ビジネスチャットツールを主力事業として展開。
次世代ワークスタイルを推進する今注目の会社です。